埋没法、切開法、二重整形のアレコレ

きれいに修正中

日本人の多くが憧れているのは、外国人のようなパッチリとした二重まぶたです。
最近では、市販のコスメからはじまり、美容クリニックでうける整形手術まで、一重瞼を二重にする、様々な方法が知られています。
市販の二重コスメには、専用のノリで瞼をくっつけてラインを形成する方法や、細い透明のテープをまぶたにギュッと食い込ませる方法、そしてテープを貼り付けて目を開いた時にラインができるようにするアイテムなど、様々なものがあります。
しかしどれも瞼の皮膚への負担が大きく、やりすぎると瞼の皮がのびてしまい、眼瞼下垂などを発症してしまう可能性もあるため注意が必要です。
上記のような心配がいらないのが、整形手術による二重形成です。
整形と聞くと、親からもらった顔に傷をつけるなんて…という考えが浮かぶ人も多いでしょう。
しかし、整形にも様々な方法があるのです。

埋没法という手術は、瞼を何箇所か糸で固定することによって二重ラインを形成する手術です。
そのため、メスを使うこともなく短時間で綺麗な二重まぶたを手に入れることが可能なのです。
埋没法の価格は、切開法による二重形成よりかなり安いため、自由診療でも比較的気軽に受けることのできる手術として人気を集めています。
切らないので腫れも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。
埋没法は半永久的な効果が得られる手術なので、永久に手術当時の目元が維持されるというわけではないので注意が必要です。
また、瞼の厚みや脂肪の多さなどにより、埋没法では十分な効果が得られない場合もあります。
ここでは、埋没法のメリットやデメリット、切開法との比較などについて詳しく紹介します。

二重の埋没法とは

奥二重

目をぱっちり大きく見せることができる二重は、美容整形外科で埋没法という施術を受けるとなることができます。
埋没法とは、まぶたの皮膚の下に細い特殊な糸を埋めて二重まぶたをつくるもので、まぶたに通す糸の数によって、1点留めのクイック法、瞼板法、挙筋法、瞼板上端固定法などがあります。
皮膚やまぶたの脂肪の量によっても異なりますが、糸の本数が多いほど安定したラインを作ることが可能です。
1点留めのクイック法や瞼板法は、手術が簡単で5分ほどで終了できますが、瞼の脂肪が多く腫れぼったい場合には取れやすく、自然なラインを形成するのが難しいと言えます。
拳筋法は、まぶたを動かす筋肉に糸をひっかけてラインを形成する方法で、瞼板の奥の上眼瞼拳筋に糸を固定するため、自然なラインを作ることができ、糸が角膜に出てくることも少ない方法です。
瞼板上端固定法は、裏側まで糸を通さないので安全で角膜に傷をつけることなく、瞼板に糸を引っかけるのでしっかりと固定させることができます。

二重に整形する埋没法は、皮膚表面に傷あとが残ることもなく自然な二重ラインを形成することができ、ダウンタイムも短いために周囲の人に気づかれる心配もなく、料金も比較的リーズナブルなため人気の高い治療法です。
整形手術の際も局所麻酔を使用するため、痛みを感じることが少なく、整形手術後の痛みもほとんど出ません。
費用も両目で10万円前後でできるので、初めての方に埋没法は最適な整形手術です。

二重まぶたの魅力

完璧な顔

日本人は、一重の人も多く、一重は涼しげな印象もありますが、暗い印象やきつい印象もあります。
第一印象だけは「見た目」で決まるので、目はすごく大事です。
二重まぶたの方が目がパッチリと見えるので魅力的だと考え、一重まぶたから二重まぶたに変える人もいます。
アイプチは、まぶたを一重から人工的に二重にするための化粧品のことです。

薬局などで安く購入出来る為、気軽に使えますが、長時間使用していると炎症を起こすこともあるので注意をしなくてはいけません。
アイプチはやめたいけど、二重まぶたになりたい人がプチ整形をする人も増えてきました。
プチ整形とは、まぶたを二重にするなどの簡単な整形手術のことです。
その中でも、埋没法は簡単に出来る方法の1つです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031